令和2年度合格者体験記

ここでは現在、空間情報総括監理技術者の合格を目指しておられる皆さんに、空間情報総括監理技術者試験対策に関する情報を提供いたします。


「空間情報総括監理技術者への道」合格者体験記

  

1.自己紹介 

  

氏   名 : 阿部 亮吾(あべ りょうご) 

勤務会社名 : 国際航業株式会社 

  

専門とする業務分野: センシング計測(MMS、航空レーザ、実測など) 

  

受験の動機: 

  • 受験資格のうち従事年数を満たしたため。

 

2.受験に当たり事前に準備したこと 

  • 過去2年ぐらいの月刊『測量』の「三角点 時流を読む」、「連載企画」、「テクニカルレポート 」をダウンロードし、その記事に対して自分なりの意見をまとめる練習。
  • 国土地理院のHPから最新の測量技術動向の確認とその技術に対する自分の意見をまとめる練習。
  • 日本測量協会より過去問題をダウンロードして回答練習。特に、時間配分と事前資料整理。
  • 最近従事した業務の提案書や報告書の整理。
  • 新人研修、若手研修などに使用した測量の基礎資料の確認。

 

3.合格してから変化したこと 

  • 取得してまだ時間がたっていないのでとくに変化は感じておりません。これから難易度の高い業務に携わっていけるように研鑽をしていきたいです。
  • 試験勉強をするなかで自分が経験してきた仕事の傾向を把握できると同時に、自分の不足している知識や経験についても把握することができました。今後は自分の能力をさらに高めて、世の中の課題に対して空間情報技術を活用して解決していきたいです。

 

4.これから受験する人へのアドバイス 

  • 皆様、仕事やプライベートなどで皆様忙しくされていると思います。自分は過去問題を実施するなかで自分なりに必要な資料の整理を進めることができました。過去問題を通して時間配分が大切だと感じたので、試験当日には各設問に費やす時間を決めて臨むことができました。勉強方法に迷われている方は、早めに過去問題を実施しておくと自分なりの勉強方法や資料収集方法が見えてくるのではと思います。 

以上